■サイトマップ

新築と増税時期の関係

結婚をし、子供も生まれて、そろそろマイホームを手に入れたい。
そう思っている人もいらっしゃると思います。
そんな人達に気になる話題といえば、消費税増税の話題ではないでしょうか。
住宅は、何千万という購入金額となりますので、それに伴う消費税は何百万となってきます。
5%から8%、そして更に10%となれば、大きな負担になりますよね。
近い将来に住宅の新築を考えているのであれば、消費税が5%のうちに出来るところまで計画を進めておきたいものです。
では、いつ頃までにどの段階まで進めておけば、消費税が今のままで済むのでしょうか?
まず、現在決定していることは、2014年4月1日から消費税が8%になるということです。
そして、住宅を建築する際にどの段階で消費課税基準を定めているかといえば、建物が完成し、引き渡しの日で課税を決定しています。
つまり、2014年の3月31日までに建物を完成し引き渡しを受ければ現在の消費税のままです。
ただ、住宅を建築するとなると、期間が非常に長期間かかります。
そこで、猶予期間を設け、2013年の9月末までに請負契約を結んだ分については現在の消費税率でよいとされました。
ただし、これが適用されるのは1戸建ての注文住宅を新築する場合だけです。
マンションや建売住宅を購入する場合には適用されませんので注意が必要です。
また、請負契約後に内装の1部を変更する場合は問題ありませんが、9月を過ぎて、大幅な計画変更等が生じ、契約を結び直した場合等は増税後の消費税率になってしまいますので請負契約前までにどのような住宅を建てるのかを十分検討しておく必要があります。

カテゴリー

▲Pagetop

お問い合わせはこちら

株式会社 ユタカホーム
〒779-3233 徳島県名西郡石井町石井345-21
088-674-3597

徳島の皆さま、リフォームの事は何でもお気軽にお問合せください。


徳島県でリフォーム、新築、リノベーションなど住まいに関するご相談は弊社へお任せください!

© リフォーム 徳島 ユタカホームAll Rights Reserved.