■サイトマップ

築20年で屋根のリフォームが必要になるようです。

私の家は現在築27年です。
築20年を過ぎた頃に、屋根から雨漏りがしていることがわかったのです。
家を建てたときに、知り合いから、築20年ぐらいで屋根が傷むよと忠告されていましたが、築20年ぐらいで雨漏りがしたので、その忠告を思い出したのです。
家は、永久に持つものではないことをその経験から知りました。
屋根は、常に雨風に晒されています。
だから、毎日少しずつですが、傷んでいるのです。
その為、築20年ぐらいするとリフォームが必要になるのです。
それで、工務店の方を呼び見積もりをしてもらうことにしたのです。
私の家は、瓦ではなく、スレートでした。
そしたら、工務店の方が、この場合、今のスレートをめくって工事をする方法と、今敷かれているスレートの上に新たなスレートを重ねて敷く方法があると言うのです。
多くの家は、重ねて敷く方法を使うと言う事でした。
私は、この方法を聞いて驚きました。
今敷かれているスレートをめくって、やり直すのが当たり前と思っていたからです。
業者の説明によると、敷きなおしをするより、上にかぶせた方がかなり安くつくし、工期も短くて済むと言うのです。
それで、さらに20年程度大丈夫だと言うのです。
業者は、意外にも、上にかぶせる方法を薦めたのです。
その方が安くつくし、耐用年数もあることから、業者の薦めの通りかぶせる方法でやってもらうことにしました。
そして工事をしてもらったら、ピタリと雨漏りが止まったのです。
家は築20年をめどに、リフォームが必要になるなと思い知りました。

カテゴリー

▲Pagetop

お問い合わせはこちら

株式会社 ユタカホーム
〒779-3233 徳島県名西郡石井町石井345-21
088-674-3597

徳島の皆さま、リフォームの事は何でもお気軽にお問合せください。


徳島県でリフォーム、新築、リノベーションなど住まいに関するご相談は弊社へお任せください!

© リフォーム 徳島 ユタカホームAll Rights Reserved.