■サイトマップ

住宅リフォームで環境にエコ、家計にもエコ

昨年末で一旦打ち切りになっていた個人宅における省エネやバリアフリーの為のリフォームにおける税制優遇措置が、さらに5年間延長されました。
これによって、壁や屋根裏などに断熱材を増やす工事や窓辺を断熱効果の高いペアガラスに替える工事に対しては上限20万円までが控除され、同様にバリアフリー化工事には15万円、太陽光発電システム導入では30万円まで控除されるようになりました。
これらの全ての工事を同時に行ったとすれば、合計で65万円もの減税になります。
まず、これだけでも家計的にエコノミーですが、エコロジー的付加を高めた省エネリフォームと太陽光発電システムの導入は、導入後の光熱費を著しく低減させる事ができます。
ここでもさらに家計を節約できる、つまりエコノミーな訳なのです。
さらにエコロジー的付加な点を説明するならば、導入した太陽光発電システムで自宅で使用する電気は自宅で作れると言う事になり、電力会社から電気を買わなくて済むと言う事になります。
むしろ、断熱材やペアガラスの使用で家の中を冷やすにしても温めるにしてもあまり電力を使わない事になり、太陽光発電システムで作られた余った電力は電力会社に定価で買い取ってもらえるのです。
ここでもエコノミー的、いえもう完全にお得な話になってきます。
結果、電力会社は火力発電所や原子力発電所を増設しなくてもよくなり、それは大きな意味で環境を守る事にも繋がります。
太陽光発電システムは太陽が空に出ている限り、無限のエネルギーです。
長い目で考えれば優遇税制措置が「ある今が、踏切時なのかもしれませんね。

カテゴリー

▲Pagetop

お問い合わせはこちら

株式会社 ユタカホーム
〒779-3233 徳島県名西郡石井町石井345-21
088-674-3597

徳島の皆さま、リフォームの事は何でもお気軽にお問合せください。


徳島県でリフォーム、新築、リノベーションなど住まいに関するご相談は弊社へお任せください!

© リフォーム 徳島 ユタカホームAll Rights Reserved.